ご参加ありがとうございました!

2013/11/05

あと3日を切りました(5トラック 1/2)。

11/7のiOS EDC 2013まであと3日を切りました。ただいま参加受付中です。

iOS EDC 2013では,Business・Development・BYOD・Solution・Cloudの5トラックを設定し,5講演が別々の教室で並列で行われます。講演はどれを聴講していただいてもいいのです。当記事では,Business・BYOD・Solutionの3トラックを取り上げたいと思います。参加登録を頂いている皆さんは,よろしければ聴講希望アンケートに是非ご協力ください。

◎Businessトラック
企業等の実務でiPadを導入するには各種の抵抗が生じることが多いと聞きます。
当トラックでは,ANAの冨満氏・メガネの三城の河村氏・野村證券の藤井氏に実際にiPadの活用に成功している事例として導入・活用の秘訣・戦略を語っていただきます。ANAでは6千名のCAにiPadを配布,野村證券では9千台のiPadでの運用,メガネの三城では2年以上前から全社でiPadを活用等の経験から参考にすべき改革・戦略は多いと思います。
また教育の分野でも電子教科書等のスマートデバイスの活用も次第に進んでいます。KDDIの野本氏からは文教分野でのiPad活用の現状と課題を語っていただきます。

◎BYODトラック
当トラックでは,BYOD(Bring Your Own Device: 私的デバイス)関連の話題として,NTT Comの市川氏に「050 plus w-mode」によるBYODの実現を,シトリックスの高沢氏に仮想デスクトップ等によるBYODの実現を,大塚商会の静谷氏にBYODの長所と短所を事例・経験から語っていただきます。

◎Solutionトラック
当トラックでは,スマートデバイス活用に関する各種のソリューションを扱います。オラクルの井上氏・西川氏に既存の情報システムでスマートデバイスを活用する際の課題を解決するテクノロジー,MetaMoJiの藤田氏にShare Anytimeが実現する新しいコミュニケーション,サイバートラストの田上氏にスマートデバイスの企業活用での脅威と対策を,リプレックスの直野氏にコンシューマアプリケーションであるSceneをB2C展開するにあたっての可能性と課題を語っていただきます。

◎アンケート → http://www.iosedc.jp/2013/10/blog-post_29.html
◎当日のプログラム詳細 → http://www.iosedc.jp/p/program_21.html
◎基調講演・パネルディスカッション → http://www.iosedc.jp/2013/10/iosedc10.html